川村隆英

1968年高知県出身。
15歳からタップを始め、86年に上京し、加藤邦保氏より本格的にタップダンスを学ぶ。
同氏が率いる {JAM TAP DANCE COMPANY} に所属し、舞台経験を積み、94年に渡米。
米国滞在中は、JIMMY SLYDE氏に師事しジャズ タップとタップ ルーディメントを学びながら、 {JIMMY FAMILY} のメンバー(唯一の東洋人)としてジャズ ライブやイベントに出演する。
師であるJIMMY SLYDE(tap)、BARRY HARRIS(pf)を始めとするタップ、ジャズ界の多くの巨匠達と共演し、TAKA SLYDE(JIMMY氏より命名される)の愛称で親しまれる。
帰国後は国内の多数のジャズ クラブでDOLLY BAKER(vo)、山本剛、市川修(pf)等実力派ジャズ ミュージシャンと活動を始める。
現在は、イチタカタ(b)をバンド マスターに福島剛(Pf)との {The Successors} 、日ノ下慶二(pf)との {PIKKATA} の2つのバンドを持ち国内各地で活動する他、国内外を問わずジャズ タップの普及に努めるアジアにおけるジャズ タップのパイオニアである。
また、帰国後の1995年より石川県金沢市に拠点を置くタップイン金沢(板谷典子主宰)において、振り付けや演出を担当する芸術監督を務めたり、全国各地でワークショップを開催し、TAP RUDIMENT(基本理論)を伝えて行く等、指導者としてタップダンスの素晴らしさを広める活動も行っている。

http://www.taka-tone.com/