宇川彩子 (Ayako Ukawa)

      

10歳からタップを始める。加藤邦保氏に師事。
1993年よりJAM TAP DANCE COMPANY公演に参加。TAPの巨匠 Jimmy Slydeとの共演で彼の踊りに魅了され、Improvisation Tap (Jazzとの即興演奏)を始めジャズ界へ。
2000年、キングレコードより「The TAP」でCDデビューし、タップダンサーという名のジャズミュージシャンとして、日本各地のジャズクラブでライブ活動を精力的に行う。2003年、m-squareレーベルライブDVD&CD ”鈴木良雄イーストバウンス+1、宇川彩子”に参加。 日野皓正、日野元彦、本田竹広はじめ、日本を代表する数々のジャズミュージシャンと共演。
2003年からは、より広い音楽活動を展開。
フラメンコとタップダンスの融合をテーマにした、高木潤一(フラメンコギター)・大塚雄一(アコーディオン)と宇川のトリオ「あぴをんと」、タップダンスとブルースのユニット「なまはむめろん」など、数々の音楽ユニットを手掛け、全国でライブ活動を展開。
ライブ活動を行う傍ら、日本では珍しいインプロ(improvisation)専門のクラスや、全国各地でのワークショップなどで、後進の育成にも力をいれている。
2006年より、パリ在住のSarah Petronioに師事。Sarahと共に、Festival De Claque de Barcelona ”Jazz in Motion” (バルセロナ2009)、”Soul to Sole”(オースティン2012)、2017年にはデュッセルドルフのタップフェスティバル”Tap Dance Days”に出演。活躍の場を世界へと広げている。

活動は、タップダンサーだけに留まらず、1994年から続く日本のタップジャムセッションの草分け、PENSACOLA TAP JAMを主宰し、ホストを務め、 CD ”TAP DANCE STANDARD”を、プロデュース。2010年5月JAM TAP DANCECOMPANの公演では、振付・演出を手掛ける。
近年は、プロデュース業にも力を入れ、ウイリアムズ症候群の子どもたちのためのチャリティーコンサート”Colors of Tap”(2014) や、世界的ジャズタップダンサー Sarah Petronio 招聘コンサート”Jazz Tap Junctio” (2015)、発表会 ”Jubilation”(2016・2018) をプロデュースし、マルチな才能を国内外から高く評価されている。

Ayako Ukawa Official web site

http://ayatap.com